ハルのこと、時系列通りではなくなってしまうけれど
先週、祖母の葬儀がありバタバタしていました(^o^;ゞ

丁度ハルの耳の様子がおかしくて、
病院に連れていったら外耳炎と言われてね。

原因は、健康な状態でも犬や猫に普通に存在している酵母菌の一種が、免疫力の低下などで繁殖して皮膚炎等を起こしていたのだけれど、おかしい方の耳を気にしたり、首をかいたりするらしいの。
丁度、6月初めにフィラリア等予防薬を病院に貰いに行った時、
耳も見てもらって、綺麗ですよ~!と言われていたので、なんか油断しちゃってたのよね。
その少し後くらいから、
片耳を気にして、そちら側から頭を振っていることはあったのだけれど・・・
(耳は比較的見てるし、軽くふいたりはしてますが、奥~はそんなに見られないし。。)
かゆかったり、痛かったりしたのかなぁ・・・。。
すぐに気付いてあげられなかったのなら、ごめんね。
病院の先生にも、まだ子供だから、免疫力のことも気にすることないと言われたのだけれど
なぜか私が落ち込みつつ、
頂いた抗生物質を飲ませ、点耳薬を始めたその日に、祖母の連絡が来たので、ダブルショック

この半年、覚悟をしていたし、
ハルを飼うにあたっても祖母に何かあった時にどうするか考えていたので、
実家までハルを連れていった時もあったけれど、
その車移動がストレスになって免疫力下がったのかも・・・と、更に落ち込む私^-^;

ペットホテル等も調べておいたのだけれど、
病院で耳を洗浄してもらい、痛い思いをして落ち込んでいるハルをペットホテルに預けるのはしのびない。。
抗生物質はお腹が緩くなったり吐く可能性も言われていたので、ちゃんと様子を見てあげたいし。。
(そもそも薬とか飲ませてる状態で受け入れてくれるか?だよね)

義妹に頼もうとしたけれど、なつく様子もなく。。
実家では、連れてきていいよ~!というのだけれど、
実家は犬が1匹で待っている環境が整っているわけではないので、
免疫力が下がっている状態での車移動や
1度しか行ったことがないところで、通夜や葬儀時、長時間お留守番するのは
うーん。。。。と散々迷ったあげく
私と主人は日帰りで帰ってきて、ハルは長時間のお留守番をさせることに。



まぁ、いろいろ大変でしたが、
祖母はすごく良い、安らかなお顔をしていたので、ホッとしました。
ハルのお留守番も
リアルタイムカメラで確認していたので、吠えたり暴れたりふて寝したりしてるのを見て心痛めましたが、
丁度少し甘えが出てきて我儘が目立ってきていたところ、
ある意味良い経験だったと思いたいです。
(2日間の長いお留守番の後、甘えん坊&わざと?トイレ失敗したりして手を焼かされたけれど^-^;)
やっと今日あたりから、いつもの生活に戻ったところです。



ハルの外耳炎は
良くなってきているようですが、しばらく病院通いするようなので、
コミュニケーションを取りつつ、なるべくストレスフリーに接してあげたい。
まだまだ躾途中だから
「ダメなものはダメ!」なスタンスは変わらないけれどね(笑)

大変だったけれど
ハルがいてくれるおかげで、いつまでも悲しんでいるわけにもいかず、救われている事がたくさんあります。
祖母の事は、ずっと面倒を見ていた母が一番心配なので、
ハルが落ち着いたら、ハルを連れてもっと実家にも行きたいと思います。
(ビビりのハルを見て、おとなしい犬と思っているので「和むから連れてきて~!!」と、父と母は大歓迎!)


記事にしたいこと、したいお写真はたくさんあるのだけれど
今月も締切間近のモニターを記事にするだけで終わってしまいそうです。
来月はバタバタしないことを祈りたい(ってか、自分次第だけれどね。笑)
sDSC_0347 (2)






仲よくしていただいているブログをお持ちの方には、
まとめ読みになってしまいますが、いつも全部の記事をしっかり読ませていただいています。
なかなかコメントできなくてごめんなさいね。

ゆったり、まったり更新や訪問ですが
のんびりお付き合い頂けるとありがたいです





最後まで読んで頂いてありがとうございました。
読んだよ~!の印に、それぞれぽちっと押していただけるとうれしいです

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
どーもです
関連記事
スポンサーサイト