上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは^^

明日12/21は1年でもっとも昼が短くて夜が長い冬至ですね。
冬至といえば、かぼちゃ、柚子湯。
「ん」のつく食べ物を食べると「運」がつくと何かで聞いてから、
毎年お決まりで食べるのが、かぼちゃ(なんきん)とうどんです。
他にも「ん」がつく食べ物で、お手頃なものがあるとお料理しますが、
明日はどうかなぁ。
旦那ちゃんの帰りが遅いので、軽めにしないと。。

さてさて、今日は「かぼちゃのいとこ煮」を作りました。
かぼちゃの上に甘いあずきを載せたものをお惣菜売り場で見ることもありますが、
うちは基本砂糖なしのマクロビっぽいものです。
ただ、これだと旦那ちゃんとお義母さんの箸が進まないので(ToT)
今回はちょっとだけ黒砂糖を入れています。
仕事から帰ってきた旦那ちゃんにも味見させましたが、
砂糖はほんの少しなのに「甘い!!」と驚いていました。
sRIMG1360.jpg
☆材料☆
かぼちゃ   1/2個
あずき    120gくらい
塩      ひとつまみ
黒砂糖    1カケ(3gくらい)
水       適量

☆作り方☆
1.小豆を洗ってひたひたの水をいれて圧力鍋で蓋をしないで沸騰させる。
  赤い色が出たら一度煮汁を別容器にあける。(小豆茶です。捨てないで!)
2.1の小豆にかぶるくらいの水と塩ひとつまみを入れて圧力鍋で20~30分くらい圧力をかけ、
  火を止めて数時間放置します。
  (小豆が指でつぶれるくらい)
3.適当な大きさに切ったかぼちゃ・黒砂糖(・小豆によっては再度塩ひとつまみ)を入れて
  水をひたひたになるくらい足し、圧力を10分くらいかけ、また放置。
4.水分が多かったら、蓋を外してしばらく煮て水分を飛ばします。
注)
圧力鍋の圧力や時間はおうちのお鍋によって調節してね。


sRIMG1358.jpg
普段から、血糖値の高いお義母さんに良く作りますが
かぼちゃも小豆も糖分が多い食材なので、塩を少しいれるだけで甘さが際立ちます。
小豆の赤はポリフェノール。
血液サラサラ。利尿作用・食物繊維などなど、
いいことがいっぱいです^^

昔は捨てていた1回目の小豆の汁も
前に紹介したことがある、こちらの本を買ってからは、
毒素を出して、血流UP効果のある小豆茶として、
自分で飲んでいます

本によると、
小豆は血に効くので、生理痛緩和なんかんにもイイみたいです。
こちらの本のレシピでブログに載せているのはこちら→「ナスの黒ゴマ炒め


小豆茶は写真撮るの忘れちゃったので、また今度
明日は、鍼灸院に行く前に旦那ちゃん実家によって「いとこ煮」半分おいてきます^^





最後まで読んで頂いてありがとうございました。
ゆる~くランキングに参加しています
記事やお料理が気に入りましたら、ぽちっと押していただけるとうれしいです。
(それぞれのランキングに反映されるので、励みになります。)
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ  
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(長期赤ちゃん待ち)へ
どーもです
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mamaninaro.blog.fc2.com/tb.php/146-75fa6956
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。