上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GWにいただいた「塩ひよこ」
ノーマルの黄身餡も好きだけれど、
塩にこだわった小豆の赤餡と和三盆♪
和~な雰囲気を醸し出しつつ、塩気もあって、甘すぎず、すごくおいしかった
sDSC00756 (3)

もちろん見た目は可愛い、ひよこのまま。
このつぶらな瞳で見られると、食べるの躊躇しちゃう~なんて言いつつ、ばぐっ!!
sRIMG2398 (2)

東京塩ひよこの商品ページはこちら→「東京塩ひよこ
サイトを見ていたら、いろんなひよこや関連商品があるんですね。
タルト・・・どこにひよこいるー?!
紅茶ひよこ・・・紅茶のカップから見つめるひよこの写真にキュン
「ひよこちょこちょこ」とか
「ぴよぴよもなか」とか、
繰り返し系の名前に弱い。それだけで可愛く感じてしまいます

期間限定商品って、その時しか食べられないから、ホントうれしい♪
ありがと~♪



以下、興味ない人はスルーしてね!(ネタバレなしです)

GWに「図書館戦争」という映画を見ました。
榮倉奈々ちゃんと、V6の岡田准一君が、結構番宣していたので、
知っている方もいると思いますが、ざっくり言うと、
「悪影響を与える本を取り締まる法律の為に、自由に本が読めないような世界になっている日本で
 高校生の頃、自分と本を守ってくれた「図書隊」の人にあこがれて入隊し、
 図書館と本を守ろうと奮闘するまっすぐな女の子のお話。」

内容にはふれませんが、映画はおもしろかったです。
王子様にあこがれているような少女マンガ並みのセリフや設定はありますが、
素敵なところもありますし、
本好きの人なら、見終わった後に好きな本を読みたくなるような映画です^^


5、6年前、深夜にやっていた「図書館戦争」のアニメをたまたま見て、
アニメとして面白かったので、後から原作の小説を読みました。
4部作の1作目が今回の映画になっていて、比較的忠実なので、
本や作家さんのファンの方は面白いと思います。
同様にアニメをちらっと見たけれど、原作を知らない主人も、おもしろかったようです。
番宣でも言っていましたが、岡田君って格闘技の師範代をいくつかもっているくらい鍛えているので
戦闘シーンだけでも見ごたえあります(「SP」を思い出すけれど^^;)

作家さんは「有川浩」さん。
キャラクターの個性が強く、恋愛ものが人気あるそーです。
「フリーター、家を買う」「空飛ぶ広報室」
「県庁おもてなし課」「阪急電車」などなど
映画やドラマになることが多いみたい。

ベタな恋愛小説はほとんど読まないので、私は原作は苦手で1作目しか読みませんでしたが、
いくつか賞も受賞していて、マンガ・アニメ・文庫等出ていて、
若い人だけでなくかなり人気があるようです。
主人公の女の子が成長していくので、後半読んだらおもしろいのかも?
(丁度、アニメでしっかり見たのは後半の方が多く、
登場人物の間に信頼関係ができてきいるのでおもしろかったから。)

機会があったら、続きを読んでみようかなぁーと、ちょっとだけ思いました。。
でも買わないで、図書館で借りて読もうかなっ(笑)





最後まで読んで頂いてありがとうございました。
ゆる~くランキングに参加しています
記事やお料理が気に入りましたら、ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 料理ブログ 朝ご飯へ  
どーもです
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mamaninaro.blog.fc2.com/tb.php/235-31b1d9c0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。