2013.07.31 命主社
出雲大社のお参りの後、
すぐ近くにあるという「命主社(いのちぬしのやしろ)」に向かいました。
こちらは、出雲大社の摂社で、「神皇産霊神(かみむすびのかみ)」を祀っています。


行き方は、出雲大社の「八足門(やつあしもん)」から右の道に出ることができて、
200mくらい行ったところに
「命主社」という無人の小さい社があります。
sDSC02292.jpg

目印はこーいうのしかないし、隣は民家。
でも他に道もなくてまっすぐだからわかると思います。
sRIMG0135.jpg

小さいながらも、とっても魅力的な神社なんです
このムクの木、樹齢1000年くらいらしいのですが、
柔らかい、けれど生命力にあふれた空気に包まれてました
sDSC02296.jpg

神皇産霊神(かみむすびのかみ)は
日本神話で世界の最初に生まれた三柱の神(造化の三神)のうちの一で、
女性の神様です。
(ちなみに、同じ三柱の神の高御産巣日神(たかみむすひのかみ)とご夫婦なの!)
男女のむすびとか、生産とかの意味を持つので、
縁結び・子宝・子孫繁栄・心願成就などに御利益があるといわれてる神様なんです。
こちらの神社は、生命力UPの御利益もあるみたいです☆
神聖な空気いっぱいのすがすがしい神社でした
sDSC02304.jpg

出雲大社からすぐ近くだけれど、
同じくらいのタイミングで来た、写真を撮っている方が一人いただけで、
落ち着いてお参りもできるので、お勧めの場所です♪

前の記事は
出雲大社
次の記事は
稲佐の浜
日御碕神社
です。






最後まで読んで頂いてありがとうございました。
記事が気に入りましたら、ぽちっと押していただけるとうれしいです
(それぞれのランキングに反映されるので、励みになります。)
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(長期赤ちゃん待ち)へ  
ありがとです
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mamaninaro.blog.fc2.com/tb.php/294-84a51b52