上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.09.08 伊勢神宮内宮
続いて、日本人の総氏神様の天照大御神を祀っている、伊勢神宮の内宮へ☆
(この記事は画像が多いので、興味のある人、時間がある方見てね。)

猿田彦神社の辺りから、内宮の駐車場は90分待ちという表示がでていたので、
猿田彦神社の近くの市営駐車場へ。
おかげ横丁も見る予定だし、猿田彦神社へも歩いて行くつもりだったので、全然いいですけれど、
夏休みということもあってか?やはりそれなりに混んでいました。


「宇治橋鳥居」
むふふ♪おじゃましまぁ~す(^人^)
sDSC02696.jpg


右に見えるのは「木除け杭」
漂流物が橋に直撃するのを防ぐ役割だそうで、昔の人の知恵ですね☆
sDSC02698.jpg


宇治橋を渡った先の鳥居
宇治橋は100mくらいあるんですよね。
ついこの間架け替えたばかりなのに、既にTVで見たような超ぴかぴか!って感じではありません。
それだけ多くの人が参拝してるんですね^^
sDSC02702.jpg


暑くてすごい人でした^^;
玉砂利を敷き詰めた広い参道を皆さんわらわら歩いて行きます。
近くを歩いていたおじちゃんが一言
「内宮は暑くてかなわんなー。外宮は人も少なくて日陰も多かったのに
・・・
おじちゃん、ファイトぉ~
右には大正天皇が植えたという松が☆
sDSC02703.jpg


手水舎で身を清めてありますが、
せっかくなので五十鈴川の水でも手を清めました。
川にお金とか入れちゃう人が多いみたいですが、ダメですよ^^;
水を触ると、ちょっとだけ涼しい気分になれますね
sDSC02710.jpg


「滝祭神」
五十鈴川の御手洗場からすぐのところにある、五十鈴川の水の神様を祭ってあるところです。
昨年のおみくじで、旦那ちゃんは水難に注意なので、
よーくお参りしときました(―人―)
ひっそりと建っているので、わかりにくいですが、
お参りしてる方もちらほらいましたよ。
sDSC02720.jpg


「第二の鳥居」
進んで左に神楽殿やお札授与所が、
進んで右に風日祈宮の別宮がありますが、
まずはまっすぐ進んで御正宮にお参りしましょ☆
sDSC02716.jpg


「御正宮」
画像はすごい人ですが、タイミングによって並んで5分かからないくらいでお参りできました。
階段下からしか写真は撮れないので、わかりにくいのですが、
白い御幌(みとばり)が風でなびいているの、わかりますか?
神様に失礼のないように外からは見えないように御幌がかかっていますが、
なびいて中が見えたりするのは、運が良いとか、神様のご機嫌が良いとか言うそうです☆
私たちがお参りする時も、
暑い中、涼しげな風と一緒に舞い上がっていました。
(実は外宮でも^^)
感謝の気持ちと共に、遠くから来てよかったぁ~と、あったかい気持ちになります。
sDSC02726.jpg

すぐお隣の敷地には神様の新しい住まいが☆
20年後、今年のことを思い出しながらまた来られるといいなぁ~
sDSC02723.jpg


こちらは新しくなっていた「外幣殿」
神様の使った宝物を納めるところだそーです。
sDSC02733.jpg


そして「荒祭宮」
天照大御神の「荒御霊(あらみたま)」←活動的な精神をお祀りしているところで
外宮の豊受大御神の荒御霊を祀っている「多賀宮」と同じく
具体的なお願いはこちらでね☆
御正宮だけお参りしてこちらに来ない人も結構いたのですが、
近くの方とかなのかな??
sDSC02735.jpg


「四至神(みやのめぐりのかみ)」
内宮の四方の境界を守る石上様、実はこちらもとても大切な神様なんです。
せっかくだから、素通りしないで、感謝の気持ちを込めてお参りしてね☆
sDSC02738.jpg


さて、御正宮に行く時に素通りした神楽殿の辺りに戻ってきました。
内宮の別宮の「風日祈宮(かざひのみのみや)」です。
sDSC02740.jpg

風日祈宮橋を渡って、ひっそり建っていますが、
こちらも、外宮の「風宮」と同じ風の神様を祀っています。
元寇の時の神風が有名です。
隣に小さく見えているところは、
伊勢神宮のお宮全てにあるのですが、建て替えようの土地と小さな祠です^^
sDSC02746.jpg


こちらは「神楽殿」(外から撮ってます)
御朱印とお守りをいただいている間に旦那ちゃんが撮ってくれました。
こちらも御祈祷とかでは入れるみたいです。
sDSC02758.jpg


途中暑くて休憩所で無料のお水・・・と思ったら人が多くてお水は間に合わないようなので、
ジュースを買って休み、御札所とは違う式年遷宮のキーホルダーやお守りを見て、
お友達用にブックマークやキーホルダーを頂きました。
そして、入口付近の子安神社と大山祇神社(おおやまつみじんじゃ)までGO
途中、神鶏に出会ったり☆
伊勢神宮の鶏は木の上で寝るらしいです。
見てみたいですねぇ~
sRIMG0325 (2)


「子安神社」
天照大御神の孫のニニギノミコトの奥さん、コノハナサクヤヒメを祀っています。
実はとっても綺麗な女神さま
ニニギノミコトの子を身ごもるが疑われ、
「ニニギノミコトの子なら、無事に生まれるはず!!」と
身の潔白を証明する為に、自ら産屋に火を放って、3柱の神様を出産します。
ちなみに、そのうちの1柱の神が、神武天皇の祖先っていうのが、日本神話の天皇の考え方です。
安産祈願や縁結びで有名☆
こちらの入口の手水舎とってもかわいいので、こちらを訪れる機会があったら、ぜひ見てください
sDSC02773.jpg

「子安神社」のすぐ隣にある「大山祇神社(おおやまつみじんじゃ)」
コノハナサクヤヒメのお父さん、山の神様☆
この神様の子供は他にも有名な神様がいるのですが、大山祇神はあんまりでてこないんです^^;
海の神様とも言われています。
sDSC02771.jpg


私が外宮で勾玉の開運お守りを頂いたので、
旦那ちゃんは内宮で☆って、こちらの開運のお守りをいただきました。
外宮の方にも書きましたが、効果は同じで形が違い、色も数種類あります。
sRIMG0619 (2) sRIMG0620 (2)
せっかく伊勢神宮に行くのだから!と
いつも初詣で頂いている天照大御神のお札もこちらで頂きました。
お札の大きさと形も何種類かありますよ☆


次は、「おかげ横丁と五十鈴カフェ」







最後まで読んで頂いてありがとうございました。
記事が気に入りましたら、ぽちっと押していただけるとうれしいです
(それぞれのランキングに反映されるので、励みになります。)
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(長期赤ちゃん待ち)へ  
ありがとです

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mamaninaro.blog.fc2.com/tb.php/328-0d03a407
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。