上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の午後から時々頭痛がひどくなり、今日は少し?遅めの午後更新です。
でも、良くある苦手な痛みとは違うので、温度差的なものだと思います。
急に寒くなっちゃったものね。皆さんは大丈夫ですか~

レシピの関係でタバスコ料理が続いてしまいましたが、
タバスコ入りの小龍包♪
餃子の皮を使って手軽にね
画像が多いので
比較的簡単な包み方の画像(綺麗な画像じゃないんだけれど)を少し「追記」に載せたので、
参考になればうれしいです



「タバスコ入り焼き小龍包」
sDSC06462 (2)
☆材料・作り方☆(大きめの餃子の皮20個・副菜で4~5人分→うちでは2人でメインで食べました^^)
・餃子の皮(大きめ)    1袋(20枚)
・豚こま         100g
・玉ねぎ         50g(約1/3個)
・たけのこ(水煮)     50g
・しいたけ        1個
・水          100cc
・鶏がらスープの素    小1
・ゼラチン        2~5g
(ゼラチンは2gで十分固まります。
 1袋5gのものが多いと思うので、細かく測れない方、面倒な方は5gでもイイですよ。)
調味料
・タバスコ          小2
・オイスターソース     小1
・ケチャップ        小1
・醤油            小1
・にんにくチューブ     小1
・塩・胡椒         少々

前準備
・ゼラチンと鶏がらスープ・水を耐熱容器に入れてレンジで沸騰させ、
 粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし固める。
1.豚小間をたたいて荒いミンチ状にする。
  調味料を加えて、粘りが出るまで良く混ぜる。
2.玉ねぎは荒い微塵切り、しいたけは石づきを取って荒い微塵切、
  たけのこは5mm角くらいに切って、1に混ぜる。
3.固まったゼラチン状のだしをフォークでクラッシュ状にして2に加える。
4.餃子の皮に山盛り小1くらいのせて、皮の周りを水でぬらし、小龍包のように包む。
5.フライパンを温め油(分量外)をひき、4をくっつかないように並べて、
  強火焼き色をつける。
  お湯(適量)入れて、蓋をし中火で2分くらい蒸し焼きにする。
  蓋をとり、水分をある程度蒸発させて皿に盛る。
  (せっかくのダシが出ないように、皮を破らないように注意してね!)
6.お好みで、千切り生姜・大葉を乗せて、酢醤油等を付けて食べてね☆
注)
・お肉はできれば豚小間や豚バラをたたいてね(食感とジューシーさ全然違うので!)
 もしひき肉を使う時は粗挽きと書いてあるものを!
・筍は食感の為なので、加えない場合は、玉ねぎ1/2個くらいの量でやると良いよ!
・皮が水分を吸収してびちゃびちゃしやすいので、できれば焼く直前に包んでね☆
(早めに包んだ場合は、冷蔵庫必須だよ!!)
・材料のところにも書きましたが、ゼラチンの量は2gで十分だけれど、
 多い場合コラーゲンのこってり感が強くなるかな?!



最初はプラスで少し別の具を入れて、餃子でUPするつもりだったので、餃子で出したら、
おぉ!!タバスコ♪だけれど餃子~!!ジューシー♪って感じだ
って驚いてたのだけれど
旦那ちゃん、ふっと、中華スープにその餃子を入れてみて、
(一緒に入ってた具の一つがチーズだったので)
だ「お汁に入れるとチーズ感が強くなるから合わなくなっちゃうけれど、
  なんか、汁だくぶしゅー!!ってなったらもっといいと思うんだけれどなぁ・・・」
杏(ぽぽぽぽん
杏「んじゃ、小龍包にしよっかぁ~
だ「お!いいねぇ~
みたいな感じで、急遽、小龍包に変更になりました
sDSC06474.jpg



手軽にフライパンでできるように焼き小龍包に☆
餃子の皮で包むので、うまく包めなそうだったら、餃子みたいに包んでもおいしいよ!
(餃子の皮は厚めなので、皮が切れにくいのょ)
sDSC06464 (2)



お店で出てくるのもそーだけれど
お皿とかに置いておくと、水分が下に溜まって、ぽにょん、、、としちゃうので、つまんでみた☆

1つめは、そのまま食べて♪
タバスコの辛さと肉のジューシーさと、中華スープ、ぶしゅー♪を楽しんで☆
小龍包にしたらお肉の食感とジューシーさが際だちました
旦那ちゃん!ナイスアイディアありがとぉ~
sDSC06477.jpg



2つめは生姜を乗せて(大葉はお好みで)、
皮を切って肉汁を出してみた・・・こんな感じ
大葉を乗せるともっとさっぱり!!全然違う感じで楽しめます。

3つめは、酢多めの酢醤油(写真はないけど)。
今回は味がしっかりしてるので、そのままで十分おいしかったぁ
sDSC06481 (2)



焼き小龍包という割りに、焼いた画像が一つもないのは・・・皆ぼやけてたの
ぼやけてるけど、こいつで勘弁してください。。
sDSC06479 (2)
タバスコ ペパーソースの料理レシピ
タバスコ ペパーソースの料理レシピ




包み方の写真は、旦那ちゃんに撮ってもらったのですが、
手がジャマになっちゃって見えなかったり、
ゆっくりやると、綺麗にならなかったりで、画像4枚しかありませんが、
気になる方は「・・・続きを読む」をみてね☆

今日は、コメントは少しずつ返信させてください



最後まで読んで頂いてありがとうございました。
ゆる~くランキングに参加しています
記事やお料理が気に入りましたら、ぽちっと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ  
にほんブログ村 料理ブログ 朝ご飯へ
どーもです
包み方は自分なりの包み方なので、
(自分では、肉まん包みの簡易版!と、勝手に思ってるんだけれど^^)
ちゃんとした包み方を知りたい方は、ネット等で調べてみてね。

手に持ってひだをつくる方法は、
餃子を簡単に包める方なら、同じような感じで包めると思います。


手にとって、ひだを1つ作ります。
(ひだはギュっ!!っと、しっかりくっつけてね☆)
sDSC06453 (2)

手前に回して、またひだを作る・・・と8~10個くらいひだをつくれるとイイです。
(まわしながら具をちょっと抑えると、包みやすいです。)
sDSC06454 (2)

全体にひだがついたら
ひだを同じ方向に倒して、手の丸みで、なんとな~く中央に寄せます
sDSC06459 (2)

真ん中をギュっ!!と持って絞ると、こんな感じになるよ☆
sDSC06445 (2)


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mamaninaro.blog.fc2.com/tb.php/462-a3944098
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。