おうちで簡単に作れる乾物イタリアンレシピ♪

大好きな湯葉☆
湯葉の重なった食感を活かしたくて、乾燥平湯葉を巻いてエビフライを作りました。


「海老の湯葉麩揚げ。とろとろ卵とバジルトマトソース☆」
s1504dryfoods92.jpg
☆材料・作り方☆(2人分)
・海老         4尾
・乾燥湯葉       4枚
・小車麩        8個
◎卵液
○卵          1個
○マヨネーズ      5g
○薄力粉        5g
○粉チーズ      10g
○青のり       少々
◎ソース1
・卵         1個
・水         大1
・コンソメ顆粒   小1/3
・コーヒーフレッシュ 1個
・マヨネーズ     5g
◎ソース2
・トマト       1個(5mm角タネをとる)
・玉ねぎ       小2(5mm角)
・ジェノベーゼソース 小2
前準備
・エビは背ワタを取り、ひげを切り尻尾の先を切り落とし、水分を包丁でしごき出す。
 頭と尻尾を残して殻をむき、腹側に斜めに4~5本浅い切り目を入れる。
 酒(分量外)にしばらくつけ水気を切る。
(海老の背を丸めて尻尾から3節目辺りに浅く斜めに楊枝や竹串をさしてそっと引き上げると、簡単に取れます)
・麩は水に20~30分浸して軽く絞り4つに切る
・湯葉は水にくぐらせ3分程おく
1.卵液の卵をときほぐし○の材料を良く混ぜ、麩を入れて卵液を吸わせる
2.湯葉で海老と1の麩を包む
3.海老は背をそらしたように真っ直ぐにして
  180℃くらいに熱した油でからりと狐色に揚げる
4.ソース1を作る
  卵を良く溶きほぐし水・コンソメ・コーヒーフレッシュ・マヨネーズを加えて良く混ぜる。
  電子レンジ600w10秒ずつ加熱・取出しフォークで混ぜるを繰返し、とろとろにする。
  (レンジから出した後も少し加熱されるので、柔らかめに!)
5.ソース2を作る
  トマト・玉ねぎ・ジェノベーゼソースを混ぜる
6.3の海老フライに4と5のソースをかけて完成☆
注)
・ジェノベーゼソースは固さによって油分を加える等して調節してね♪
・まっすぐな海老を揚げるような大きな鍋がないので、フライパンでやってます!
 周りの油を大きなスプーンで書けながらね(^_-)-☆



使った湯葉はこちら↓
卵液を浸して一緒に巻いたお麩に、写真はないけど青のりもちょっと(*´艸`*)♪
(湯葉はうちにあるのと同じだったので4枚使いました。このパックは3枚入り。)
s1504dryfoods90.jpg



有頭海老が広告の品の時をねらってGET☆
まっすぐに・・・と言いつつ、一尾ちょっと曲がってるけど(笑)
s1504dryfoods91.jpg



麩の衣が食べごたえを増して、海老感もUP!
s1504dryfoods94.jpg



とろとろ~なスクランブル風の卵はコンソメでしっかりしたお味で、
ジェノベーゼとトマトソースはさっぱり味!
2つのソースで、なんちゃってイタリアンを楽しみました
s1504dryfoods93.jpg


気付けば、丁度この記事は乾物イタリアンの記事の10個目でした
モニター商品をたくさんいただくと
強制ではないのに、あれも!これも!ちゃんと使おう!!って
勝手に思ってしまう方なの(^o^ゞ
(まぁ、体調とか予定とかで、無理はしないけどねー笑)
10記事もUPできて、ちょっと自分でも驚き(笑)
これも、楽しくお料理できることと、
優しく見守ってくださる皆さんのおかげだな~と、心から感謝です(^人^)☆
もう少し、乾物イタリアンが続くかと思いますが、
どうか、のんびりお付き合いいただけると、うれしく思います


私の住む地方は、湯葉や豆腐も比較的有名
大好きな湯葉♪
生湯葉や揚げ湯葉も好きなのだけれど、
乾燥湯葉はコロッケ等の衣の他は和風にすることが多かったので、
ちょっと新鮮な組み合わせになりました

【レシピブログの「乾物イタリアンレシピコンテスト」参加中】
乾物イタリアンの料理レシピ
乾物イタリアンの料理レシピ






コメントは毎週金曜日にOPENしています☆
  他の記事の感想でも、世間話でも、お気軽にどうぞ(*´∀`*)ノ♪
  拍手コメやレシピブログさんコメント・メッセージもOKよん

  朝の連ドラ「まれ」の展開が気になる今日この頃(笑)





最後まで読んで頂いてありがとうございました。
ゆる~くランキングに参加しています
記事やお料理が気に入りましたら、ぽちっと押していただけるとうれしいです。
 
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 料理ブログ 朝ご飯へ
どーもです
関連記事
スポンサーサイト